最近の若者たちの流行、ファッションにスポットを当てる!

若者たちの間で今、これがアツい!流行を作り出す若者たちに注目してみました!

Home - 未分類 - 渋谷が若者の街と呼ばれるまで|いつからこうなったのか?

渋谷が若者の街と呼ばれるまで|いつからこうなったのか?

Posted on 30/04/2015 in 未分類

渋谷にはいつも若者が集まり、流行の発信地でもあります。

今までギャルやヤマンバなど奇抜なファッションの女の子たちが集団を作って何をするでもなくウロウロしていました。

しかし、今はそれほど目立った渋谷ファッションはないようで、以前ほど異様な雰囲気の街ではなくなったように感じます。

それでも若者たちは渋谷に集まってくるのはなぜでしょう?渋谷には色々なお店があるので、若者とは言い難い私たちも行きたいのですが、場違いな気がして一人では勇気がいるのです。

外国から友人が来ると、必ず渋谷に連れて行ってほしいと言われるのですが、彼らは日本の若者のファッションを楽しみたいようで、カメラ片手に大興奮しています。

海外の人から見ると、日本の若者の自由なファッションが刺激的らしいです・・・確かに、先日も外国人の友人と渋谷に行ったら、ロリータファッションの女の子がたくさんいて、本当にお人形みたいで可愛かった~日本人の私から見ても新鮮でした。

 

そもそも渋谷=若者の街になったのはいつからなのでしょう?

渋谷が若者の街になったのは最近のことのように思う人が多いようですが、実は1970年代と言われています。

意外と歴史があるというか長いですよね・・・

きっかけはやはりパルコや109といったビルが建ち始めて若者が好きなファッションが集まるようになったからのようです。

それ以前は何もないのどかな街だったようですが、ファッションビルがいくつかできただけであっという間に若者が集まるようになり、そこが流行の発信地になったということのようです。

 

たしか、渋谷と言えばチーマーブームもあったような・・・江口洋介さんなどのようにロン毛でTシャツにチノパンと行ったファッションの男の子がたくさんいましたよね?

あのころからリーゼントにボンタン、女子は短いセーラー服に長いスカートの不良が少なくなってきたようで、長かったスカートも超短くなり最初は奇妙に見えたルーズソックスをはいている子が増えました。

そういえば厚底靴にミニスカートのアムラーも多かったな~

考えてみれば、渋谷の若者のファッションの歴史こそ日本の時代を映すものですよね。

これからも渋谷では若者たちが独自のファッションを生み出して流行させるのでしょうか?どんなものが出てくるのか、今からたのしみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>